大人ニキビは外と内からのケアがおすすめ

様々な要因によってできる大人ニキビ

思春期の頃から大人になってからも、長年ニキビと戦ってきましたが、 努力の甲斐もあって最近ではだいぶニキビが出なくなりました。

そこに至るまで様々なスキンケアや、ニキビ改善に良いとされる方法や薬などを試してきましたが、 普段のニキビケアはシンプルです。規則正しい生活と質の良い食事が綺麗な肌を保つための鍵です。

どんな生活をしていても体質的にニキビが出ない人もいますが、 ニキビの出やすい人は自分の体の状態に耳を傾けてみるのが一番です。 思春期には余分な脂分が毛穴を塞いで炎症を起こしてニキビになりますが、 大人になるとストレスやホルモンバランスの乱れ、外部からの刺激による敏感肌からのニキビ、乾燥からのニキビなど複雑です。

大人ニキビは保湿が重要

大人ニキビと呼ばれるものには、まずは保湿が基本です。 乾燥して肌のターンオーバーが乱れてしまい、 余計な角質が毛穴を塞いでニキビになることもありますので、 そういった場合には時々、酵素洗顔をして無理なく角質を除去することでニキビを予防できます。

使っているスキンケアがしっかり肌内部まで浸透すると肌を強くしてくれます。 肌が強くなれば肌トラブルも減りますから、 とにかく保湿に力を入れることです。

その上で、出来てしまったニキビには、ビタミンC誘導体入りのスキンケアを使うことで治りが早くなるのでおすすめです。 身体の内部からのケアとして、便秘をするとニキビも発生しやすくなるので、 普段から野菜や果物、海藻類や発酵食物で腸内環境を改善しておくといいですね。

ページのトップへ戻る