ストレスと肌荒れとの関係とは

ストレスによって起きる肌の変化

ストレスが原因で肌荒れを起こしてしまったという体験は女性なら、 一度や二度は経験したことがあるのではないかと思います。 ストレスによって、なぜか肌がかゆくなったり、乾燥してカサカサしてきたり、よくわからない吹き出物が出たり、 よくよく考えたら原因はストレスしか考えられないなという経験、私も体験したことがあります。

原因はわかりませんが、ストレスが自律神経の乱れを引き起こしたり、ホルモンバランスを崩してしまったり、 感情的なものが作用しているのかなと思っていました。メカニズムとして解明できていなくても、 ストレスは美容の大敵と言われていますし、多くの女性がストレスによる肌荒れを感じたことがあるのではないでしょうか。

ストレスは活性酸素を発生させる

このストレスによる肌荒れはどういう影響から引き起こされているか調べてみたところ、 まずストレスによって発生する活性酸素の影響があるようです。 活性酸素は美容の大敵で、 体を錆びさせ老化を促進してしまいます。 ストレスにより活性酸素が発生すると、 それを抑制しようと体内にある美肌ビタミンのビタミンCも大量に消費されてしまいます。

ビタミンCは抗ストレス作用があるというのは、ストレスによる影響から体を守ってくれているからという側面もありますね。 ストレスを感じた時はビタミンCの摂取が勧められますが、お肌を守る観点から見ても女性には重要です。

さらにストレスを感じると、ホルモンバランスが乱れます。 生理前にお肌が敏感になるように感じる女性も多いと思いますが、 それと同じようにお肌が敏感になることで肌荒れを引き起こしたりします。 ストレスはお肌の大敵、上手に処理し、またケアしていきたいですね。

ページのトップへ戻る