洗顔方法を工夫して大人ニキビを克服

大人ニキビ体験談皮膚科で受けたアドバイスを実践

思春期から悩んでいたニキビ。 結局いい大人になった今も悩みは消えていません。 でもここ1年から2年、肌断食のようにワセリン以外何もつけない方法に変えてから、 ちょっと状態に変化が出てきました。 私の場合は肌の赤みも伴ったニキビなので顔色が赤黒く見えるため、 ファンデーションを選ぶのも一苦労でしたが、 その赤みが改善してきています。

また皮膚科を受診した際に受けたアドバイスを並行して実践するようになりました。 それは洗顔の際に肌に手が触れないように洗顔料はしっかりした泡を立てることと、 シャワーを直接顔に当てて洗顔料を流さないようにということです。 泡立てについてはアドバイスを受ける前から「泡立てボール」を使用して、 角が立つくらいに泡立てていたので良かったのですが、 シャワーは直接顔に当てていました。 看護師さん曰く、シャワーの水流は思っている以上に強く、 肌には刺激になる場合があること。

また自分が思っている以上に高めの水温で流していることが多いので、 乾燥が進んでしまう可能性があるとのことでした。 それを言われて以降気をつけるように心掛けた結果、 全くニキビが出来なくなったわけではないけれど出来にくい肌になったと思います。 ゆっくりですが結果が出ているので当分はこのスタイルを続けていこうと思っています。
【20代女性】

ページのトップへ戻る